日本拳法の形の基本と応用

画像


日本拳法の形を基本と応用に分けて簡単に紹介






【搏撃の形基本】 [日本拳法会準拠]

★ 両手技の部「突」「横打」「雑打」「蹴技」の24形と
★ 片手技の部「横受」「上受」「下受」「掬受」の8形


【捕撃の形基本】 [日本拳法会準拠]
補捉を伴う攻防形勢を形したものである。

★ 対捕捉の部12形(相手の捕捉に対する反撃技形)
回捕(まわしどり)、裏回捕(うらまわしどり)、潜捕(くぐりどり)、裏潜捕(うらくぐりどり)、辺捕(かえしどり)脱捕(はずしうち)、脇捕(わきどり)、肘揚捕(ひじあげどり)、胸捕脱(むなどりはずし)、斜後捕脱(ななめうしろどりはずし)、後下組脱(うしろしたぐみはずし)、後上組脱(うしろうえぐみはずし)

★ 対搏技の部12形(相手の撃ってくる搏技に対する反撃技形)
虚車(きょぐるま)、内大外刈(うちおおそとがり)、外大外刈(そとおおそとがり)、首投(くびなげ)、腰車(こしぐるま)、一本背負投(いっぽんせおいなげ)、肩車(かたぐるま)、無双(むそう)、脇捕逆(わきどりぎゃく)、大内刈(おおうちがり)、抱払投(だきばらいなげ)、足捕逆(あしどりぎゃく)


【形応用】[日本拳法協会準拠] --- 故 最高師範/森良之祐

 形の名称は大地の地。湧水や雨、雪などの水。太陽熱の火。そして空気の風。
つまりこの”地・水・火・風”の4つの元素と、そのかたまりの”空”によって、
宇宙大自然の運行がなされ、人間の身体・精神が育成され、人生が形どられて
いるという、仏教の陰陽五行説から命名したものである。形の名称の持つ精神が、
わが拳法に活かされることを願っている。

地=基本、原則。
水=応用、活機。
火=演習、訓練。
風=試合、実践。
空=超越、自在。

■ 形と創造
 形と創造とは、それだけを対比すると、相容れないもののように思われる。
しかし、一見対極と思われる両者の調和の上に発展が存在することは、自然の
大法則である。わが拳法の発生と技法の展開もこの中のみにある。
 形を完全に自分のものとし、それを突きぬけた境地に達したとき、はじめて
名人芸になるということは、むかしからわが国の武術、伝統芸術の名人によって
知らされている。
 ”形に入り、形を抜ける”ということは、否定もしくは無から出発する仏教思想、
自己否定を通しての自己主張の精神を享けるもので、東洋の持つ心である。
 当身技においての「不安定の安定」理論もこの二律背反の思想の中から得たものである。

■ 形の構成
 形は攻撃と防御の技形についての基準を示すものであるから、相対した2人で行う。
この場合、最初攻撃する者を”掛り”といい、これに対する者を”応え”呼称する。
 2人による形は、剣道の形式に準じて構成されている。また、基本技の練習と、
技法の合理を習得するために、独り形がある。これに対して四人形は、スピードとタイミング
の練習と、”静→動”に対して、”動→静”という変化を持たす新しい形式を採用した。

■ 形(応用)の名称 [日本拳法協会準拠]

五陰破之形(ごおんぱのかた)
四方励之形(しほうれいのかた)
三矢撃之形(さんしげきのかた)
拠実之形(きょじつのかた)
木母之形(もくものかた)
地撃之形(ちげきのかた)
地勢之形(ちせいのかた)
水撃之形(すいげきのかた)
水勢之形(すいせいのかた)
火撃之形(かげきのかた)
火勢之形(かせいのかた)
火神之形(かしんのかた)
風勢之形(ふうせいのかた)
風神之形(ふうしんのかた)
空理之形(くうりのかた)
己識之形(こしきのかた)

地撃留心之形(ちげきりゅうしんのかた)
地撃流眉之形(ちげきりゅうびのかた))
地撃八門之形(ちげきはちもんのかた)
三矢撃之形より撃ち込み五法
水撃八飛之形(すいげきはっぴのかた)
木母連(もくもれん)

※日本拳法連盟では以下の三つの名称の形がある。
流煙の形
火流の形
水煙の形

以上

日本拳法の紹介TOP
ご一読ください!!

http://20537877.at.webry.info/





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

WEB管理者
2006年12月25日 22:56
批判、非難はせずに、あくまで日本拳法を愛する方々の参考のために一部を除き転載しております。また、このような記事をまとめてほしいとかの要望がございましたら、ご遠慮なくコメント下さい。可能な限り善処いたします。草々
総師範の元弟子
2007年02月27日 09:56
東京のパーティではお会い出来て幸いでした。
総師範とは古くからのお付き合いです。
大阪での拳法を楽しく永く普及していってください。
WEB管理者
2007年02月27日 17:54
こちらこそお会いできて光栄に思います。今後とも末永く、お付き合いくださいませ。また、広く長く日本拳法の普及につとめたいと思います。
総師範の元弟子
2007年02月27日 23:21
そういえば、大会にもいらっしゃるとの事でしたが、
気が付かなかったので、すいません。
形演武もみていただけてれば良いのですが・・・
WEB管理者
2007年02月28日 01:56
大会には10時から最後までおりました。いきなり開会式前から練習されておりましたし、最後まで集中されておりましたので、理事と事務局長だけに挨拶し帰阪致しました。挨拶ができずに大変失礼致しました。形演武、審判ともに拝見しておりました。いろいろ勉強させていただきお土産として持ち帰りました。また、お会いできることを楽しみにしておりますし、こちらの師範への伝達事項と預かり物は、間違いなく金曜にはお渡ししておきます。来阪の際には、ご連絡くださいませ。草々

この記事へのトラックバック